人気のCD、音楽ソフト

インディーズ 人気のCD、音楽ソフト

インディーズ 最新レビュー

REVIEWS

宮國米男「宮古島古謡」

★★★★★

宮國米男師の渾身の作品

旧城辺町出身の宮國米男師の渾身の一作です。昔の様なパワーなどは出なくなられていますが、収録されている曲は希少な古謡も含まれており、宮古島の「重信時計店」から発売されていた「宮古民謡 我んたが島」と並んで宮古民謡の研究にも鑑賞するにも使っております。
おすすめのアルバムの1枚です。

大工哲弘「大工哲弘」

★★★★★

大工哲弘師の名作「大工哲弘」

大工哲弘師の過去作ですが、八重山芸能研究の第一人者で作詞家でもある「森田孫榮氏」の作詞による「胡蝶の唄」のトラックは特にモチーフを「初春」から「若夏」に変えて作詞されたもので、ジャケットの「大月(満月)の夜」のイメージにピッタリで清々しい心地がしてとても気持ち良く聴けて勉強になる1枚です。

津波恒徳「シンガポール小」

★★★★★

津波恒徳師の渾身の2枚組アルバム

津波恒徳師渾身の2枚組アルバムです。前作のアバサーレコード発売の「与論ラッパ節」と並ぶ近年の集大成となり得る貴重なアルバムです。聴きごたえが大変あり、津波恒徳師自らが北は奄美群島から南は八重山まで足を運んで発掘や記録されて歌われている貴重な民謡の楽曲などもあり、とてもためになる作品です。

譜久島淳慈「宮古の綾語 宇宙に響く」

★★★★

伊良部島の民謡・新民謡のアルバム

個人的には嫌いじゃない、むしろ好きなアルバムなのですが、中身に「伊良部の新民謡」が多数含まれる「伊良部島民謡アルバム」となっており、伊良部島(下地島)の古くからの島の民謡や古謡を求めている人には少し物足りない内容かも知れません。私は「伊良部島のとうがに」などを三線に乗せて唄う譜久島さんの歌が好きなので満足しています。

知念宗真「土風の声(んちゃーはじぬくい)」

★★★★★

絶唱、伊江島の知念宗真!

沖縄本島で初めて知念宗真さんが伊江島民謡をイベントで歌ったとき、八重山古典民謡の山里勇吉師に引けを取らないの天性の声量で絶唱したために参加していた八重山古典民謡の諸氏が驚きを隠せなかったという伝説の人、知念宗真さんの伊江島民謡のアルバムです。
中には伊江島で昔流行った「伊江島の流行り歌」なども収録されており、内容豊富で知念宗真さんの唯一無二の傑作です。

大工哲弘 「揚(あぎ)」

★★★★★

大工哲弘師の八重山百哥撰の1部の復刻版

大工哲弘師のアカバナーから発売されていた「八重山百哥撰シリーズ」のうち別レーベルからの「復刻版アルバム」です。内容は八重山古典民謡の節歌のうち「二揚調子」のものを集めたアルバムです。しばらく入手困難なタイトルでしたので、また購入出来るようになって良かったです。

仲宗根充「八重山古典民謡 仲宗根充独演集」

★★★★★

父、仲宗根長一に近づいた良作

ペックウ先生(親雲上先生、父、仲宗根長一)先生により近くなって来た感が以前のアルバムに比べて強く感じました。白保の風も含んだ八重山古典民謡、舞踊曲のアルバムとしてとても素晴らしい仕上がりで驚きました。
是非とも八重山古典民謡好きな人や研究をなされている方には聴いてみて頂きたい貴重なアルバムです。

本竹裕助「感-kan-」

★★★★★

本竹裕助ワールド全開のアルバム

本竹裕助ワールド全開です。
昔の丸福のカセットテープの時代からファンです。
特に丸福から出ていた「どぅんた」という「与那国島観光」の促進目的の「与那国島民謡のカセットテープ」が一番好きです。このディスクにもありますが、曲名としては「とばるま」「すんかに」「とぐる岳」などは情感が強すぎて聴いていて泣けます、このディスクのボーナス・トラックでも大いに泣かせていただきました。
「すごいうた」がこのディスクにはあります。